上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いきなりですが・・・ビデオカードを交換しました!

「GeForce9600GT」というカードになります。

こんなのになります^p^
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
091002_223120.jpg
 ※ボクのカモシカのような腕が写り込んでいますが、気にしないで下さい。


以前までは「8800GT」というビデオカードを使ってました。
ビデオカード自体の性能は、若干ですが「GeForce9600GT」が下になります。


さて、なぜダウングレードしたの?と疑問に思う方がいると思います。
その理由を軽く説明してみます。

ビデオカードを買い替える予定の方の参考になればと思います。


まずは↓の表を見てもらおう。

比較表

さて、皆さん注目するのは「搭載メモリー」を気にする方が多いですよね。
しかし、ゲームをするだけならば一番大事なのは、「ストリームプロセッサー数」です。
ビデオカードを選ぶ時は「ストリームプロセッサー数」に注目すれば問題無いです。

あくまでもゲーム目的の場合ですよ!

ゲーム目的でビデオカードを購入予定の方は「ストリームプロセッサー数」に注目!
動画編集とか画像をいじくりまわす人は、素直にハイエンド品を選んでくださいませ^w^



________________________________________________________________

さて、ボクが今回グラボの変更をした理由を書いてみようか。
間違った認識とかありそうだけど、そこは笑って下さい^w^
________________________________________________________________


まず第一に「アトランティカはそこまでのスペックを必要としません」


8800GTでは「オーバースペック」というヤツです。
ボクの直感ですが「7900GS」クラスのビデオカードであれば、サクサクとプレイが可能なはず。
それ以上のビデオカードを積んでいてサクサクとプレイ出来ない方は、、、、、
その他のパーツを別途購入する必要がありますね。

 ※7900GS≧7900GT≧8600GTがほぼ同等のスペックになるかな


次にコレを見てください。

消費電力
9800GT≧8800GT>>>7900GS>9600GT

9600GTは「省電力」を売りにして販売されています。
どれくらい違うかというと、8800GTと比較すると「約40W」も違ってきます。

これはカナリの差です。
ピンと来ない方の為に「銭で換算してみようかwwwww」

9600GT:約6500円
8800GT:約13000円


1年間ずっとPCを起動していた場合の電気代になります^w^
ね?結構違うでしょ?意外とPCって電気代食うんですよ。
ちなみにこの金額は”ビデオカードオンリー”です^w^


さて、それっぽっちの金額気にするなよ!!!と思う人がいるかもしれません。
それじゃ電気代のお話しは置いといて。。。。

次は「ゲームの安定感」
コレに注目してみようか。

ビデオカードへの電力供給が足りなくなると当然「安定感」が無くなります。
読み込みが遅くなったり、グラフィックが乱れたりします。
もっとヒドイと・・・「ゲーム自体が落ちます」。

こんな使い方をしていると、ビデオカードの寿命がグンと縮まります。
起動直後は正常なのに、20分くらいするとオカシクなる><
って方は・・・本当に要注意です!!!!!!

良くゲームが落ちる人は「ハイエンドなビデオカード+500Wくらいの電源」とかの人だったりする。
ゲーム内の処理が重くなると、グラボが悲鳴を上げて固まったり落ちたりします。
明らかに電源の供給不足ですね・・・^w^;

まぁ当然、他の要因でも鯖落ちくらいますが・・・・グラボが原因の人もいます絶対に。

ダメなパターン
・8800GT+500Wの電源

良いパターン
・7900GS+500Wの電源

上記の二つでは「間違いなく7900GS」の方が安定感があります。
最初の10分は負けるかも^p^;

だが、製造放置とかローマとか歩いたり・・・・戦闘したりすると?
圧倒的に7900GSの方が有利です!!!!!!!!

ビデオカードに見合った電源を購入する

コレは基本中の基本なのでPCに詳しくない方は覚えておくといいですよー。

 ※よく解らずに”オーバークロック版”などを購入された方も要注意
   オーバークロックすると必要電源量が増加するので本当に注意ですよ!!!

_________________________________________________________________________
発熱
9800GT≧8800GT>>>7900GS>>9600GT

さて、発熱も大事すぎます。
一般的にオンラインゲームプレイ時のビデオカードの温度は「50~70度」くらいです。

しかし・・・「8800GT」は「75度近く」まで跳ね上がります!
ボクのPCは70度くらいでしたが「何も対策していない方は80度の大台へ行く人も!?」

温度に対する対策は電源と同じくらい重要です。
特に、夏場なんかは80度に到達する可能性がアップ。
いや・・・まじで80度とかありえない温度だぜ><

ちゃんと温度管理しないと「ビデオカードぶっ壊れます」

当然、ぶっ壊れる前に「鯖落ちを頻繁に食らったり」などの兆候が起こります。
道連れにマザーボードとか持っていかれたら、PC買い替えでございます^p^

ビデオカードの詳細や温度を調べたい人は「GPU-Z」というソフトで簡単に確認出来ます。
興味のある方はGoogle先生からダウンロードしてみてください^w^


ちなみに「9600GT」ですが・・・・

現在「女体村」で歩き回ったり戦闘したりして・・・・「51度」とカナリの安定感ですw

ビデオカードのスペックは下げたけど、ゲームの安定感は間違いなく上昇しました^p^
アトランティカで落ちまくる人は、一度電源と温度を調べてみてはいかがでしょうか?

長くなりましたが、今回の更新オシマーイ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://gosaijo.blog123.fc2.com/tb.php/170-5f4ba342
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。